読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪 箕面の滝

箕面の滝散策

阪急箕面線の終着駅を降り山の方に向かって歩いて行くと綺麗に整備された駅前

バスロータリーがありそこに箕面ゆるキャラが描かれたループバスが停車し、

駅前のベンチにはゆずるくんが座っていて一緒に写真を撮ることができます。

(夏は陽射しがえらいことになるので火傷します(笑))

f:id:yuzuki-seraby:20170226141658j:imagef:id:yuzuki-seraby:20170226141725j:image

滝道の入り口には

f:id:yuzuki-seraby:20170226143149j:image

昔ながらの店舗が軒を連ねています、ここでの名物はここ箕面で有名な

紅葉を揚げたカリカリのおやつ (ちょっと油っぽいので私には重い)

f:id:yuzuki-seraby:20170226144725j:image

 休みの日や紅葉シーズンは朝から観光客や地元の人で賑わってます。

新緑の季節には緑が鮮やかで何枚も写真を撮ってたり

f:id:yuzuki-seraby:20170227231354j:image

趣のある建物ともみじの新緑が眩しかったり

f:id:yuzuki-seraby:20170227231523j:image

 どの場所でもいい構図でなかなか先に進めません。

通常の滝まで上がる道とは別に途中で横にそれ少し山の中を川沿いに散策し

気持ち良い木陰で木漏れ日を浴びながらゆっくりと歩き写真を撮りながら

進むと都会では見られない立派なカタツムリが元気に歩いているのを見つけれます。

f:id:yuzuki-seraby:20170227232206j:image

 カタツムリだけでも近寄ったり、太陽に透かしてみたり、周りをボカして

強調したりとしばらくの間カタツムリと戯れます(笑)

まだまだ撮れそうですが先は長いので歩き出します。

秋には落ち着いた雰囲気に

滝道の通り道には数カ所にお寺が点在していてその境内にもみじと合わさると

素敵で落ち着いた雰囲気の写真が撮れたりします。

ここでも陽の当たり方、ボカしを考えたりして撮っていると時間が過ぎていくのが

あっという間です。

f:id:yuzuki-seraby:20170227234302j:image

秋の太陽の光はどことなく寂しさがあったり、落ち着きがあったり人の想いに

よってそれぞれの感じに照らしてくれる。

f:id:yuzuki-seraby:20170227234705j:image

日が落ちかけてくると日が射しているところと射していないところの明暗が

くっきり出て漆黒の背景に陽の光を沢山浴びて浮かび上がったかのように

色鮮やかな写真が撮れちゃいます。

f:id:yuzuki-seraby:20170227235252j:image

普通に観光で歩いて景色を見ながら途中のお寺で手を合わせお土産を選びながら

歩いて、すこし長く坂が急な部分もありますが、歩き終えたところには

マイナスイオンたっぷりの滝を望むことができ疲れは吹っ飛びます♪

f:id:yuzuki-seraby:20170227235957j:image

昼間は迫力のある滝でマイナスイオンをたっぷりの浴びて疲れを癒し

f:id:yuzuki-seraby:20170227235933j:image

夜はすこし怪しげな、でも綺麗な滝ともみじのコラボレーションが見れたり。

(夜のライトアップは期間限定です。

普段行くと途中も滝の前も真っ暗です(笑))

 

歩いても良し、写真を撮りながら散歩がてら登るのも良し

体力ずくりのために滝道を走って登って違う道でトレランしてみたり

いろんな楽しみ方があり存在価値を上げるにはもってこいのです。

f:id:yuzuki-seraby:20170228001004j:image

いつ行っても楽しめる場所かも♪